炭水化物と肥満

炭水化物を食べるとなぜ太るの?

 

 

肥満は万病のもと!
〜なぜ炭水化物を食べると太るのか?〜

 

なぜ炭水化物を食べると太るのか?

ウエスト測定

体重が増えると「肥満」だと思われていますが、それは違います。
肥満とは、脂肪が標準以上に増えた場合をいいます。
体重は関係なく、体重が標準より多いのは「過体重」です。

 

脂肪にはどのような役割があるのか?

 

1つめは発電材料、2つめは保温材料、3つめはクッションです。
このように、適当量の脂肪は必要です。

 

なぜ脂肪が必要以上に増えるのか?

 

糖を摂るとインシュリンというホルモンが働き、糖を脂肪に変えます。
インシュリンは「肥満ホルモン」や「飢餓ホルモン」といわれます。
野菜や果物など炭水化物には、糖が濃縮された「濃縮糖」が含まれます。

 

濃縮糖は消化酵素によって1つ1つの糖に分解され、
1つの糖から1つの脂肪を作ります。
濃縮糖が含まれる炭水化物を食べると大量の脂肪が溜まります。

 

炭水化物は脂肪の元です。
炭水化物である米や野菜は低カロリーと言われますが、
実は非常に高カロリーなのです。
葉物の野菜は水分が多くデンプンが少ないです。
ですが、今のキャベツなどは濃縮糖です。
炭水化物ばかりを食べていると、あっという間に肥満になります。
インシュリンは脂肪を溜めるため、「備蓄ホルモン」ともいいます。

 

なぜ炭水化物食べると太るのか?

 

炭水化物は脂肪に変えることしかできないからです。
脂肪を発電材料=エネルギーとして消費すれば、脂肪は溜まりません。
それ以外は、保温材料やクッションとして備蓄するのです。
脂肪を備蓄できずエネルギーも必要なくなれば、糖は余ります。
そして、糖尿病など非常に病気になりやすい体になります。

 

 

 

なぜ炭水化物を食べるの?

〜マクガバン・レポートの真実〜

 

アメリカ国旗

炭水化物(糖)は、インシュリンによって必ず脂肪に変わります。
それは、熊が冬眠する時に脂肪を溜めるのと同じです。
熊は秋に木の実などをたくさん食べ、
それを脂肪に変えて冬眠します。

 

冬眠の必要がない人間に、炭水化物を食べる必要があるでしょうか?
「農産物は体に良い食べ物」と世間に広めたのは、
「マクガバン・レポート」で知られるアメリカのマクガバンです。

 

上院議員で農業委員長だったマクガバンは、
議会で力を持つために農業団体を味方に付け企業献金を集めました。
そして農産物をたくさん食べるよう促しました。
しかし今やアメリカは肥満、糖尿、ガンなどの増加に困り果てています。

 

人の健康より政治や金儲けのために、農業・農産物が利用されたのです。
炭水化物は飢餓を乗り越え、飢えをしのぐためのものです。
飢餓を乗り越えるために、人間の体は炭水化物(糖)を脂肪に変える仕組みになっているのです。
必要もなく炭水化物を摂れば、糖が余って糖尿病になります。
そうでなければ、脂肪が溜まって肥満になります。

 

 

 

プログラムの詳細を知りたい方はこちら⇒ 【荒木式】断糖肉食ダイエット

 

 

 

このサイトを経由して【荒木式】断糖肉食ダイエットをお申し込みの方だけに


限定特典をご用意させていただきました。

 

 

限定特典の内容、お受け取り方法はこちらで確認していただけます。

プレゼントの確認はこちら

 

お申し込みはこちらのボタンから公式ページへ

 

食べるものを我慢しないで10キロ以上痩せる